ラテンアメリカ・旅・スペイン語の本のコーナー

 

スペイン語メキシコ関係ラテンアメリカ関係その他の旅モノその他店員の読書備忘録

最近本を読む時間がとれないでいます。というわけで、ここにまとめた本は結構古いものです。★は個人的お勧め本

書名をクリックすると、amazon.co.jpからその本を購入することができます。

■新紹介

■スペイン語

スペイン語の入門
瓜谷良平 白水社 文法について簡単に一通り書いてある比較的薄い本なので、いつでもすぐに復習できて便利。私はすぐ活用を忘れてしまうので、メキシコ留学中も、授業中にこっそり開いたりして、ずーっとお世話なっている。持ち歩く文法書ならこれがオススメ!
  スペイン人が日本人によく聞く
100の質問
原誠/小池和良 三修社 「日本人は箸を使うの?」などの日本文化に関するスペイン語のQ&A。役立つはずなんだけど、どうも答えの的がズレているような。しかしながら、これがあれば中南米人との会話で何かと間が持ちます。
  地球の歩き方
旅のスペイン語
  ダイヤモンド社 用例が豊富で、携帯会話集ではこれが一番好き。英訳もついていて便利。単純な旅行会話だけでなく、一歩踏み込んだ現地のヒトとのコミュニケーションまで網羅しているので、相当スペイン語が上達するまで長い間使える。

西和中辞典
桑名一博ほか編集 小学館 10年ぶりくらいに西和を買い替えたが、今までのもの比べて圧倒的に収録単語数が多く、翻訳の仕事で使うときも満足している。その分重いけど。中南米のスペイン語にも配慮されている。
  和西辞典   白水社 和西辞典はとにかく用例が豊富なものを。
Diccionario Oxford Compacto
Espa
ñol-Ingrés
Ingr
és-Español
    オックスフォード社の西英・英西辞書。メキシコで買った。英語で引いた方がわかりやすいときもあるし、これは熟語の用例も多くていい。メキシコ人の先生も、英語ならなんとか理解できる人が多いしね。

スペイン語[ビジネス編]
〜ベルリッツフレーズブック
Berlitz 丸善 ビジネススペイン語の本は、かなりめずらしいのでは。欲しかったこんな本。
  成功する留学
スペイン留学
メキシコ
  ダイヤモンド社 メキシコのスペイン語学校案内では、現在唯一のガイドと思う。内容の9割はスペイン本国のものだけど。メキシコについては、ここに載っている以外に、オアハカなど、他にもかなりたんさんのスペイン語学校がある。
  スペイン語の手紙 木下登 白水社 中南米のスペイン語ではないと思うけど、ないよりはいい。

■メキシコ関係

  メキシコ ラテンでいこうよ アミーゴ!   トラベルジャーナル 「社会」「ひと」「暮らし」にスポットを当てた新しいタイプのガイドブック。当サイトのリンク集にあるカフェメヒコのみなさんも企画・執筆に参加してます。実はまだ読んでいないのですが。
  メキシコ史 フランソワ・ウェイミュレール著/染田秀藤/篠原愛人訳 白水社 一通りの地理・歴史が学べるが、たいくつ。最後まで読みきらなかった。へへ。
  メキシコホテル
〜ペンションアミーゴの旅人たち
大倉直 旅行人 こんな言い方はなんですが、よく書けているのではないでしょうか。
メキシコ灼熱
水木楊 NTT出版 紀行文の形をとりつつも、メキシコが今抱えている政治経済の問題について、客観的に語っている。私の今の興味とピタリとハマッタ。
  メキシコからの手紙
〜インディヘナの中で考えたこと
黒沼ユリ子 岩波新書 著者はメキシコに暮らすバイオリニスト。最初の「メキシコからの手紙」から次の「〜の輝き」までかなりの年数が経つが、著者の最初の語り口と信念が、年月とともに変化しているのが興味深い。図らずも一人の女性の人生を見てしまったような・・・。彼女は決してそれについて語っているのではないけれど。
  メキシコの輝き
〜コヨアカンに暮らして
黒沼ユリ子 岩波新書
  メキシコの民族と衣裳 稲村哲也 京都書院 写真が多く、民族衣装好きには何度眺めても飽きない本。今回のメキシコ行きにも持っていく。

■メキシコ以外のラテンアメリカ関係

  物語ラテン・アメリカの歴史 増田善郎 中公新書 ラテンアメリカのトータルな歴史の流れが改めてわかる。
輝ける碧き空の下で
第一部(上・下)第二部(上・下)
北杜夫 新潮文庫 日本から南米へ渡った移民(特にブラジル)を描いた大河小説。
オーパ、オーパ 開高健   いいですね、このシリーズ。「もっと高く」「もっと広く」もいい。
  魂のおいしいたぺもの 浜根未稀 フォレスト出版 エスニック雑貨店「チチカカ」の店主が著者。買い付けのエピソードなどについて書いている。
  グァテマラゆらゆら滞在記     グアテマラのスペイン語学校で1年間過ごした著者(女性・30歳くらい・×イチ直後)の滞在記。
  染織の美 20
特集〜アンデスの染織
  京都書院 南米の織物の写真はいくら見ても見飽きない。
  ナスカの壷 飯尾響子 JTB出版 未読。
  不倫と南米 吉本ばなな 幻冬舎 「南米」という題名だけで買ってしまった。著者が取材して描いている、不倫と絡むような大人のオシャレな町という南米が、新鮮でおもしろい。
  マヤ・インカ神話伝説集 松村武雄編/大貫良夫/小池祐二解説 現代教養文庫 今までなじんできた西洋の神話と違って、独特の世界観がありおもしろい。
  マヤ文明
〜失われた都市を求めて
クロード・ボーデ/シドニー・ピカソ著/落合一泰監修 創元社 図説が多い。
  インカ帝国
〜太陽と黄金の民族
カルメン・ベルナン著/大貫良夫監修 創元社 図説が多い。

■ラテンアメリカ以外の旅行記・滞在記他

深夜特急1〜6 沢木耕太郎 新潮文庫 旅行記の基本、バイブル。これを読んで旅に出たいと思わない人はいないのでは。
  インドでわしも考えた 椎名誠 集英社文庫 インドチックな原色写真だけでも見応え十分。
  ゴーゴーインド 蔵前仁一 凱風社 確か著者の処女作だと思う。気合の入ったつくりでいい。
  旅ときどき沈没 蔵前仁一 本の雑誌社 イラスト&コラム。小ネタがなかなかいい。
ベトナム戦記 開高健 朝日文庫 開高健ファンです。緊張感のある1冊。
  ハノイ式生活 飯塚尚子 世界文化社 著者は私の高校時代の友人。ベトナム・ハノイで日本語教師をしていた3年間の滞在記。私が彼女を訪ねたときのお話しも出てくる。ウフ。
  アジアンジャパニーズ 小林紀晴 情報センター出版局 当時、切り口が斬新なノンフィクションだった。写真がうますぎる。
ロシアにおけるニタリノフの
便座について
椎名誠 新潮文庫 椎名さんが、私の父について書いているの。
  シベリア追跡 椎名誠 集英社文庫  
  ヒマラヤの花嫁 平尾和雄 中公文庫 ネパール人の女性と結婚して、現地でペンションを開いた著者の体験記。青年らしいみずみずしい筆致。
  ネパール人の暮らしと政治
〜「風刺笑劇」の世界から
山本真弓 中公新書 ネパールに行く前に買った。
  できるかな
リターンズ
西原理恵子 扶桑社 いろんな企画ものの他に、インドネシア・カンボジア・サハリンの紀行文もある。サイバラさん、結構好きなんです。やめられない。「鳥頭紀行」も、もちろん読んだ。
  イスラームの日常世界 片倉もとこ 岩波新書 中東に行く前に買った。
  アフリカポレポレ 岩合日出子 新潮文庫 著者は動物写真家岩合光昭さんの奥様。幼稚園にあがる前くらいの娘さんと1年間家族で暮らしたアフリカの大平原の話し。
  世界あっちこっちめぐり さくらももこ 集英社 さすがに、なかなかおもしろいですぅ。グランドキャニオンに行きたくなった。すべてお膳立ての何のハプニングもない旅行を、よくここまで読めるように書けるなあと感心する。

■その他

はじめてのリメイク
自然食通信編集部 自然食通信社 カワイイ友人が登場する本。お気に入りだった昔の服地を切って、スカートや子供服に縫い直したり、染みのついてしまったセーターを染め直してよみがえらせたりする、オシャレなリメイク例が載っている。これを見ていたら、ムラムラと手芸心が湧いてきた。

HOME