結婚式出席体験記
〜手持ち無沙汰の極致〜




本人たちとどちらかのご両親。





長いレーンを子供が持っているのやら、つかまえているのやら。





なぜかカメラ目線。





写真がヘタ過ぎて載せるのに勇気がいりましたが、ウエディングケーキです。意外と地味ですね。
ホストマザーのエレナから、親類の結婚式に出てみないかという話があった。式は2日後。新郎新婦とはまったく面識はないが、是非メキシコ流結婚式はみてみたいのでもちろん快諾。

まずは教会式

午後4時頃エレナたちと車で教会へ向かうと、教会付近の路地は式への参加者の路駐車が無秩序にバラバラと停まり、あちらこちらで通行が難しくなっていた。「なんだよ、迷惑だなー」なんて言っていた我々も、結局適当にその1台に追加。

教会へ入ると、ちょうど今から式が始まるところだった。エレナの話によると、今壇上にいるかわいらしい新郎新婦は21、2歳。若いね、と私がいうと、「こんなに若くて結婚するのは、メキシコの都市部では今ではめずらしい。いや、今回はちょっと双方の両親が・・・」と、少しワケアリのようであった。

式自体は、日本で何度か参列したことのある教会式とほぼ同じ進行で、特に変わったことはなし。ただ、日本とやはりちがうのは、参列者の女性のドレスの露出度が高い。流行なのか、意外にもドレスはシンプルで、黒やペールトーンの長いスリップドレス。ほとんどの若い女性や、ときにオバチャンも、がんばってこのイブニングドレスもどきを着ていて、肩はヒモ、背中丸あき、胸は谷間といわずありったけ露出といった具合。これがまさかオートクチュールを着ているわけではないから、胸のあたりのラインがそれぞれの体型に全然合ってなくて、ピッチピチではみ出ているか、カッパカパで見えちゃうか。

テレノベラのような披露宴会場へ

教会式は30分ほどで終わり、次は披露宴会場となる場所へ移動。花々で見事に飾られたゲートから、ステキな邸宅を横切り広々とした庭園へ。プール付きの芝のガーデンに10人がけの丸テーブルが20は並ぶ。いやー、メキシコのテレノベラ(連続メロドラマ)で何度となく見てきた場面を目の当たりにできて満足。エレナに、メキシコの専用サロンはスゴイね、と言ったら、これがなんと新郎の実家とのこと。彼は結構なお金持ちらしい。玉の輿か。

この会場に着いたのは5時半過ぎ。イスとテーブルはセッティングされているが、テーブルクロスはまだこれからだった。そして待てども待てども料理は出ず、コーラ、透明な炭酸飲料、炭酸水、ラム、氷、ロウソクが各テーブルに配られたのみ。しばらくして、リッツとパテがようやく振舞われた。当然、あっという間に食べ尽くされる。あとは、特に司会進行がいるわけではなく、イベントもなくテーブル席でひたすら隣の人と会話するのみ。

8時頃ようやくバンドが到着し、これから始まるぞぉーといったムード。ボカディージョ(「一口」という意味でしょう)というハンバーガーを一回り小さくしたようなサンドウィッチが何種類か配られた。よしっ、前菜だな、とホッとしたのは甘く、その後特にメイン料理らしきものは登場しなかった。

お決まりのイベントはかかせない

その間ガーデンの中央では、これまたテレノベラで何度となく見たシーンであるメキシコ結婚式お決まりの、新婦のベールの下を未婚の女性が列になってくぐる、その後ブーケを後ろ向きで投げる(キャッチした女性が次の幸せ者に)、新郎が新婦のガーターベルトをはずして未婚の男性陣に投げる、などなどのイベントが行われる。合間合間にダンス。新郎新婦が来賓と次々に踊り続けるという企画もあった。

私はたまに踊りつつも、場しのぎにつまむ食べ物もなく、結局大半の時間がとてもヒマで退屈。確かあのテレノベラでは、この新婦のベールの下をくぐる場面で、新婦のライバルが新郎をイスから突き落とし、そのとき頭を打ったことが原因で、彼は後の新婚旅行で急死してしまう、そこから新婦の苦悩が始まる、といった内容だったな、などと長ーい想像でもして過ごすしかない。※これは2000年のメキシコテレノベラMi destino eres tuのシーンです。ルセロ&ホルヘ・サリーナス主演。あー、なつかしい。

他のメキシコ人もヒマは同じよう。でもここからの発想が、彼等と私ではちがうのだ。ここで、つまんないから帰ろうと思う私に対し、つまんないけど、特に帰るという発想(選択肢)がないメキシコ人。これは他のパーティでも、いつも今まで不思議に思っていたメキシコ人の風景。私から見ると、彼らは明らかにつまらなそーで、手持ち無沙汰なんだけど、それを気にはしていないんだよね。もちろんある程度の義理はあって、これで帰るのは失礼という時間帯はあるのだろうけど。

だれもがその登場を待ち焦がれるパンシータとは

ただ、エレナはさっきからしきりに、パンシータ、パンシータとささやいている。これを食べないことには帰りたくないらしい。パンシータとは牛の胃袋(蜂の巣)を煮込んだトマト・チリ味のスープのこと。今までのこのスープ経験からすると、中身を食べるというより、スープを味わう料理と思う。ライムをしぼるとさらにさっぱりしておいしい(おいしいところで食べれば)。もしかしたら、このあたりの郷土料理かもしれない。

私も連れてきてもらっている以上、帰りたいとも言えず、途中堂々とうつらうつらしつつも、パンシータまで意地でもがんばる。結局午前2時半頃、念願の熱々のスープがようやく出された。確かに、この11月のクエルナバカは昼間はスリップドレス1枚で過ごせても、夜はセーターが必要なほど寒い。このスープのおいしさというより、熱々感で満たされた。これを食べ終わってようやく一部お開きのムードとなり、エレナも帰る決心をしてくれたようである。

家に帰り着いたのは、午前3時をはるかに回っていた。メキシコのイベントは、相変わらずひとつが長い。もう、メキシコ人の結婚式は当分いいや。

さて、メキシコの披露宴プロデューサーに提案。まず司会をおいて、各イベントのテンポをよくする。イベントがない間は、出席者にビデオなどみせておく。もっと食事を出す。非常に手持ち無沙汰なんで、何かつまみくらいもっと出して下さーい。

HOME