メキシコの美容院
リクライニングしないイス+普通のシンク+付け襟=拷問




よく通っていたホームステイ先近くのサロン。ちょっとわかりにくいですが、写真右の女性のイスとシンクが、件の拷問なのです。この女性が、このままシンクへカクっと首を仰向けに倒すところを想像して下さい。どうみても無理があります。




マッチョがよしとされるラテンの国でも、男性美容師さんはやっぱり○○のニオイがしました。




本文に関係ないですが、ヘアスタイルつながりで。アカプルコの海岸でレゲエ調に結ってもらいました。この休暇の後、このヘアスタイルのまま会社に戻ったのですが、誰も何もいってくれなかった。それがちょっとイタかったです。

町中の美容室でカット

最初の美容院体験は、ホストマザーいきつけの町中の美容室。この美容室の正面には扉や壁はなく、通りからオープンなスタイルとなっていて、待合の席やカットの現場がすぐにのぞけた。ごくごく普通のランクのところで、料金表を見ると女性の方がやや高く、シャンプーなしカットで400円程度。技術はまあまあじゃないでしょうか。それなりに時間をかけて丁寧に仕上げてくれる。

美容室にちゃんと髪型サンプルの雑誌があって、私はその中からやや短めのボブスタイルを指し示し、こんな感じで、と頼んだ。ただ、美容師のオネエサンが、「サイドは前下がりに切りますか? それとも後ろにいくに従って長くなるような自然なカットにしますか?」と聞いてきたとき、特に深く考えることなく、「自然な流れにカットして下さい」と答えてしまった(本当はゼスチャーで示しただけ)。前下がりのカットなんて、ちょっとわざとらしいと思ったから。その結果、サイドはバッサリ短く切られ、栗を被せたようなちょっと恥ずかしいスタイルに・・・。

と、初体験は少しションボリな結果であったが、でもこれは、スペイン語のコミュニケーション能力が足りなかったとか、美容師が私の言うことを聞かなかったとかじゃなくて、多分しょうがないことなんだと思った。いや、思おうとした。私の場合、日本の美容院でも、いつも、自分の思う通り、またはそれ以上に満足に仕上がったことなんて、1・2度くらいしかないから。

日本の美容院とちがうところと言えば、メキシコ人はだれかが髪を切るとき、いろんな家族がいっしょに付き添ってくることが多い。いい大人になっても。だから、一瞬混んでいるように見える美容院も、その中には付き添いでただ待っているだけの家族がたくさん含まれているので、意外にすぐに順番が回ってくる。私のホストマザーのエレナも、私が終わるまでずっと待っていてくれていた。

※メキシコにはもっと安い美容室、200円くらいもあります。ただ切るだけなら特に問題ないみたいです。

やや高級な美容院でカラーリング

その後、ホームステイ先からほど近いやや高級な美容院が行きつけとなった。このランクになるとサロンと呼ばれ、ネイルも扱っていて、それなりに高級な気分が味わえる。それでもカット約1300円、カラーリングはやや高くて約3000円。メキシコには、上には上の果てしないランクがあるので、日本と同じくらいの値段をとる超高級サロンも、それはそれで存在する。

私は日本では一度も染めたことはなく、もっと安くすむメキシコでいつもすませていて、このサロンでは合計3回カラーリングをした。今回はその3回目の話。

染める前に洗髪をした。この洗髪が日本のように快適でなくて、ちょっとした苦行・・・。リクライニング機能のないごく普通のイスを、これまたごく普通のシンク(首の乗る部分が低くなっているとか、そういう設備がないということ)に近づけて、強引に頭部のみシンクに仰向けに乗せられるので、当然のことながら、首の後ろ部分がシンクのフチにまともにあたって痛いのなんの! これは毎回耐えなければいけないことなのだが、今回特に痛く、きっと自分の体勢が間違っているにちがいないと、何度も上下に少しずれたりしてみたが、一向に改善されなかった。シャンプーが早く終わるのを祈るのみである。

カラーリングは、きっと日本と同じだろう。髪を細かく小分けにして、まずは根元の部分から刷毛で染料をぬりつけていく。結構丁寧にぬってくれていると思う。しばらく温めたりして、時間をおく。そしてまた恐怖のシャンプー台へ。恐る恐る頭をシンクに乗せる。前回、顔に水が流れてこないようにするためか、両端にヒモがついたビニール製の大きな付け襟のようなものを首に巻いて、その両端のヒモを自分の手で上方向にずっとひっぱってなくてはいけなくて、かなり辛かったのを憶えている。

だって、首は横に寝ているのに、流し終わるまでずっと、手は高く上げっぱなしなのだ。首は痛いわ、上げたままの手はガクガクしてくるわ。ちょっとでも手が下がってしまうと、「もっと高く!」と怒られたりして、あれは拷問に近かった。でも、その割には、結局私のTシャツの襟首はビショビショにされてしまったのである。

でも、今回は大丈夫だった。トラウマになっていた「付け襟」が出されることはなった。しかしながら、シンクのフチに首の後ろがまともにあたってとても痛いことには変わりはなかった。

このように、メキシコの美容院は割安だけど、私のいっていたところに限って言えば、終わった後とても肩が凝り、カラーリングなどすると、かなりぐったりしてしまうことも確かである。また、3回染めた内、後ほど洗髪をしたら、タオルへの色移りが激しいことが1度(数日間続いた)あったのだが、これは日本でもそのようなことはあるのか・・・。

一応、この文章は、メキシコの美容院をお勧めする目的で書いたのだが、そうとっていただけるだろうか。

HOME