持ち物リスト[旅編] 〜私たちが南米一周に持っていったモノ、残らず全部紹介


バックパックは、上野アメ横で買ったふたりおそろいのヤスヤスのモノ(身体が小さいのであんまりちゃんとしたバックパックは背負えない)。これ(16キロぐらい)を背中にしょって、お腹には普通のナップザック(6キロほど)、右手にはバナナ・OREOなどが入った食料袋、左手には各地で買ったお土産が詰まった袋、という荷物まみれのスタイル(総重量約25キロ)で日々前進し続けました。

各項目をクリックすると、ショートカットできます。

衣類   身だしなみグッズ   薬類   貴重品   本・文具類   食器類   ●その他
★★絶対必要(と思う)    ★人によっては必要ないかも    『星なし』なくても大丈夫

■衣類

タンクトップ 下着代りにもなるので便利。
★★ Tシャツ  
★★ 長袖Tシャツ  
★★ 長袖シャツ 厚手のもの・薄手のもの各1。薄手のものは日焼け対策用に、常に半袖orタンクトップの上に羽織っていた。
★★ 上着 フリースの厚手ものを持っていった。チャックがいっぱいついていると便利。
★★ ウィンドブレーカー 風雨に強いゴアテックス製。防寒具の最終兵器なので、奮発して前のフリースとセットでLLBeanのイイモノを日本で買っていった。
★★ ジーンズ 1本しか持っていかなかったので、向こうでパジャマ及び夏用として、薄手のパンツを買い足した。旅の最後には、さすがに穴が開いた。
膝丈スパッツ 短パンを持ってこなかったので、これが重宝した。寒い時、ジーンズの下にも履けるし。
★★ パンツ  
★★ ブラジャー  
★★ ストッキング 寒いところで、ジーンズの下にはくため。あっちでいいストッキングは買えない。
★★ くつした 乾きやすいものが基本。でも寒い地用に、丈の長い厚手のものも。
★★ 水着 着替えやすさから、ビキニが便利。
★★ 帽子  
  サングラス 私は持っていかなかったけど。ナゲキさんはいつも持ってる。
★★ バンダナ 日焼け防止に効果絶大。太陽が出ると、防ぎにくい首周りにいつも巻いていた。

■身だしなみ関係

★★ タオル(大・中・小) 各1 ほとんどの安宿でバスタオルはあった。ボリビアを除いては。
★★ ハンカチ  
ティッシュ 適宜 これとは別に、現地で買ったトイレットペーパーはいつも持ち歩いていた。
ウエットティッシュ 適宜 あれば便利。食事の前に手をふくとき、物をこぼして服を汚したときなど。そんなに多くはいらない。もともと家にあったものを持っていった。
★★ 生理用品 半年分 いろんな人のアドバイスにより、全部日本から持っていったけど、向こうでも、パッケージの写真からかなりまともそうなものが売っていた。使ったことないからなんとも言えないが。しっかし、半年分とは大荷物だった。
クレンジング 半年分 日焼け防止の濃い化粧を落とすため。
★★ 洗顔料・化粧水・乳液 半年分 敏感肌で不安だったので、いつも使っていたものを全日程分用意。
★★ シャンプー・リンス 当面分  
★★ 石鹸 当面分 後半は、洗濯にかなり使っていた。
★★ 歯ブラシ・歯磨き粉  
身体を洗う布 タオルとは別。
カミソリ ○○処理用ですね。
爪ヤスリ 爪切りについてなかったので。
★★ 爪切り 初回のバックパック旅行に持っていかなくて後悔。
★★ ファンデーション 半年分 向こうで日本人の肌の色に合ったものを探すのは大変。
リップクリーム 当面分 メンタムなど。
口紅 適宜 日本で使えず持て余していた派手な色を持っていった。
アイブロー 半年分 眉ナシの私には絶対の必需品。
日焼け止め 向こうではSPFの数値の高いものはあまり売ってない(20くらいが最高)。
ヘアブラシ  
  ヘアバンド 顔を洗うとき便利。
★★ ミニ容器 数個 旅行中に、いつものバックパックをどこかに預かってもらって、小さいリュックのみで2・3日のツアーに出ることが度々あるので、そんなとき、このミニ容器にシャンプーなど小分けにして持っていくと便利。

■薬類

★★ 下痢止め 適宜 いつも正露丸っス、とりあえず。ふたり以上で行くなら、ちがう種類の薬を持っていった方がいい。南米の下痢には正露丸は効かないってハナシもあるけど、そんなにひどかったら現地の薬を飲むしかないし、まあ「普段使い」ということで、ないよりはマシ。
★★ 便秘薬 適宜 「あら私、便秘症じゃないワ」とあなどることなかれ。食生活が変わったりして、ときたま強烈な便秘に苦しむことがある。
胃腸薬 適当  
頭痛薬 適当  
抗生物質 適当 私は持ってないけど、ナゲキさんは常備している。急激に熱が出たときなど、これがあれば一安心。でも、日本でどうやって手に入れるのかよくわからない。
【注意!!】お医者さんのまっすんさんから、掲示板に次のような貴重な意見をいただきましたのでご注意下さい。「特に旅行中疲労が溜まっているところに抗生剤を投与すると肝臓に多大な負担を強いられますし、次回から病気に対する免疫力が確実に低下します。又抗生剤の多用は肝機能障害を将来的に起こす危険性もあり、抗生剤は持ち歩かない、使用しないようにしたほうがよいと思います。その場合の対処としては2,3日安静にして自然治癒力に身をまかせたほうが良いです。」
目薬 ホコリっぽかったり、夜行バス・早朝の出発などの寝不足に。
★★ 傷薬 マキュロンなどの消毒薬のこと。ヘンな僻地で怪我して、それが膿んだらコワイ。「傷ドライ」は指先などの傷につけるには向かない。触るもの全てに粉がついてしまう。
ビタミン剤 適宜 旅先の外食では栄養が偏るだろうし、お肌の健康のためもあって、ハイシーLとチョコラBBを持っていった。現地でも買えるが、飲み慣れないものは心配。ベネズエラで買ったビタミン剤(ビタミンBが補給されるという、大きな真オレンジ色の錠剤〜身体に悪そう)を飲み続けて、じんましんが出た。はっきりとこれが原因とは言えないが。
キンカン 3本 アマゾン地帯など蚊が多い。虫に刺されやすい体質の私には必需品。でも、3本は多い。キンカンは筋肉痛にも効く。バックパック背負って歩き回った後の肩こりにも。
虫刺され 虫嫌いの私は、上のキンカンとこのクリームタイプのかゆみ止めの二本立て。キンカンは、そのときスッとして気持ちいいけど、いつまでもしつこくかゆみが消えない赤いポツポツには、このクリームタイプ。
蚊取り線香 50巻 いくら虫嫌いと言っても、さすがにこの数は多かった。旅行初期、とてもケチケチ使っていたので、結局使い切ったのは20巻ちょっと。かなり荷物になった。
バンドエイド 適宜 向こうでも買える。
綿棒 適宜  

■貴重品類

★★ パスポート&コピー
&予備の写真
 
★★ 航空券  
★★ 保険証券  
ホテルのバウチャー 乗り継ぎ地のロスのホテルは予め予約していった。
★★ キャッシュベルト 普段お金などの貴重品をを入れておく腹巻のこと。首吊りタイプなどいろいろあるけど、私はいつも腹巻派。あと、靴底にも入れる。
★★ キャッシュ 当時、南米の銀行は信用できなかったので、旅行資金全てをキャッシュかトラベラーズチェックで持っていった。持金全体の2割くらいはキャッシュ。
★★ トラベラーズチェック いくつか種類を変えて作るといいと言われているが、CITIBANKとVISAしか持っていかなった。国によるが、アメックスもかなり有効。
★★ クレジットカード ナゲキさんは2種類持ってきていた。機械によっては読み取ってくれない場合もあるので、その方が正解。
テレフォンカード(日本の) 数枚 成田から電話するため。
★★ カメラ&電池
&レンズ拭き
レンズのホコリを払うものも忘れずに。レンズ拭きだけだと、不十分なことがしばしば。
★★ フィルム 50本弱 撮ったのは36本くらい。国によっては現地で買うと高い。
  X線遮断袋 最近使ってない。
★★ カギ 数個 リュックや他の荷物が増えることはよくあるし、バスやホテル内で荷物を縛りつけておくため、チェーン錠(みたいな輪になるもの)も必要。南京錠は現地でも買えるけど、このチェーン錠は見つけられなかった。番号キーは簡単にハズされるおそれがあるため、いつも持ち歩いているリュックなどに飾り程度として。

■本・文具類

★★ 地球の歩き方 絶対的に信用しているわけではないが、とりあえず参考にする。
他のガイドブック あれば。
地図コピー 適宜 町中でガイドブックを開くの危険なので、地図の部分だけコピーして持ち歩くと便利。今回は長旅なので、もう「地球の歩き方」を直に切りとっていたけど。
★★ 会話集  
辞書(小さいもの) 今回スペイン語の辞書だけで、ポルトガル語のを持っていかなかったのは、かなり後悔。ブラジルは広くて、滞在も長くならざるを得ないので、やはりこれなしには苦しかった。
読み物 「イースター島の謎」「アトランティス大陸の謎」などの新書を持参した。いろいろ持っていきたいけど、荷物になるからねぇ。サンパウロで日本の本が買えると楽しみにしていたが、日本の3倍という値段に、結局1冊も買わなかった。
★★ ペン 各1 シャーペン・ボールペン・赤ボールペン・蛍光ペン
★★ 消しゴム  
シャーペンの芯 適宜 向こうでも買えるけど。
住所録 手紙を書く人のリスト。暇になったときいつでも書けるように、いつも持ち歩いていた。
メモ帳 人に道を尋ねて地図を書いてもらうとき、また漢字を教えてくれとせがまれたときなど、すぐ取り出せる小さいメモ帳があると便利。
★★ 裁縫道具 半年もあると、いろんなものが綻ぶ。リュックが切れてしまうことが多いので、黒糸は役立つ。他に白糸があれば十分では。
★★ 万能ナイフ ビクトリアノクスのもの。ナイフ・栓抜き・ワインのコルク抜きなどいろいろ便利。当時持っていたものはちょっと大きくて、飛行機に持ちこめないことがあった。
★★ はさみ 上のビクトリアノクスにはさみがなかったため。はさみは一番出番が多い。
セロテープ ノートに切符などセロテープで細かく貼りつけていた。

■食器類

水筒 500mlのミネラルウォターのボトルを、飲み切ってもいつまでも使っていた。
スプーン・フォークセット 室内で何か食べるときなど。
★★ カップ 室内でお茶・コーヒー・粉末スープなどを沸かして飲むとき。
★★ 湯沸し器 これがあると、朝食はほとんど部屋で食べれるからいい。
スポンジ コップやスプーンを洗うため。

■その他いろいろ

★★ 洗剤 ジップロックみたいなしっかりと口の閉まるビニール袋に、粉末洗剤を詰めて持っていった。途中なくなってからは、石鹸で洗う。向こうの洗剤は、扱う時細かい洗剤の煙がたって、イヤでも、その身体に悪そうなまずい煙を吸ってしまうので使いづらかった。
★★ 洗濯ばさみ  
★★ ハンガー 針金ハンガーで、両肩のあたりにくぼみのあるもの。くつしたやブラジャーが干せて便利。
★★ ビニールひも 洗濯ひもになったり、とりあえずリュックを縛り付けたり、いろいろ便利。
★★ ビニール袋 適宜 普通のスーパーの袋の他、口がピッチリ閉まるタイプも便利。
★★ サンダル ペルーで買った。室内のスリッパと兼用した。
  カッパ なくてもいいかな。アドベンチャーツアーなどで、たまに役立つ。私たちも現地で買った。
★★ 折りたたみカサ 町歩きに必要。
★★ ナップザック 日本からは背負えないバックを持ってきてしまったので、エクアドルで普通のナップザックを買った。町歩きには前にしょって。
★★ 目覚まし時計&電池  
★★ 腕時計  
★★ 計算機  
★★ 蛍光灯&電池 忘れた頃に停電があるので、いつも持ち歩きたい。夜、相方に邪魔にならないように本を読むとき、真っ暗な夜行バスの中、何か作業するときなど役立つ。
★★ ろうそく 停電がある上、電気がないところもあるので必要。
★★ ライター ろうそくを点火するため。
★★ 寝袋 モンベルの羽毛のを買っていった。軽いし、暑いところでも寒いところでも快適でよかった。虫除けにもなる。入るのにちょっと躊躇するようなベッドにもOK。
★★ 毛布 荷物にならない薄手のもの。バス旅で特に活躍。山越えルートのバス内は、しばしばとても冷え込む。
  エマージェンシーシート これは、アルミ箔みたいにピカピカ光る素材でできたロモノ。山で遭難したときなど、これを身体に巻きつけると寒さを防げるらしい。防寒の最終兵器として、楽しみに持っていった。でもね、一度使ってみたことあるけど、寝袋の上からこれを掛けたら、素材がシナっとしなくて身体に沿わないし、音がガサガサうるさいし、さらに水分を通さないということで、朝起きたらこのシートの内側にびっしりと水滴がついていて、悲しいことに寝袋がびしょ濡れになっていた。
★★ あめ 適宜 日本のあめはおいしいよ。子供へのお土産にもなる。
  お土産 何がいいんだろうね。日本のお金はどこでも人気。特に5円玉・50円玉。

HOME