ボリビア(1)ウユニ湖 〜忘れがたし、この真っ白な世界


塩・塩・塩

世界最大の塩湖、ウユニ湖。車で半日走っても、見渡す限り真っ白なまま。これはもちろん全部塩。塩湖にはいろいろな表情がある。同じ多角形のひび割れでも、割れた筋が茶色く盛り上がって模様になっているところ、筋さえも白く見えるところ、そしてひび割れがなく一面なめしたように真っ白なところなど。


イスラ・デ・ペス(魚の形の島)にて

塩湖が広すぎて、途中にいくつか島が浮かんでいる。この島は遠くから見ると、くじらが真っ白な塩の海から半身を出して泳いでいような形。上陸すると、自分たちより背の高い武骨なサボテンがにょきにょきと生えている。でも決して、サボテンが似合うような灼熱の島じゃない。夜は零下20度以下に冷えるとても寒いところ。


鏡の大地

塩湖のいろんな表情の中でも、私とナゲキさんが感嘆の声をあげたのは、塩の上に水がうすーく張って、空や山影をそっくり映し込んだ、大地すべてが完璧な鏡になっているところ(写真)。小波一つ立たない、空と大地が同色の完全にシンメトリーな世界は、どこからが本物の空で大地なのか、よくわからなくなってくる。写真右のトヨタの超旧式ランクルで、総勢8人でこの過酷な塩湖ツアーに挑む。


塩のホテル

塩のブロックを積み重ねて作られたホテル。テーブル・イス・壁などすべて塩。電通マンがこの塩湖でしばらく仕事をするになったとき、ここに泊まってみようと試したそうだが、夜のあまりの冷え込みに、却下となったらしい。話しの種にはよさそうだけどね。奥で、この塩の塊をちょっと削ってサインペンで目を書いただけのふざけた人形を、10ドルと破格の価格で売っていた。


豆粒村の朝

ウユニ湖をめぐるツアーで初日に泊まったサンファンという名の村。今まで訪ねた世界の村で、最も小さいのでは。100メートル四方あるかないか。静かな静かな朝である。宇宙に近いのではないかと思わせる青過ぎる空に、真っ白な教会がとてもまぶしい。こんな奥地の村まで、キリスト教を普及させたスペインの力はすごい、とはナゲキさんの弁。


村のホテル

サンファン村のホテルはこんな感じ。電気はもちろんない。水道はあっても凍りついている。夜、顔を洗うようにタライの水が回ってきた。右は、みんなで夕食を食べているの図。最初のスープに始まり、次はスパゲティと、まあまあのボリューム。それにしても寒い!


もう一つ寄った村

最終日に寄った村。村の名前は、よくわからないが、アンデスの村って雰囲気満点。子供たちは、写真を撮ろうとすると、みんな手で顔を隠す。ここにも、りっぱな教会があって、見事な年代物のパイプオルガンまで備わっていた。スペイン人の布教根性に、またまた至極感心するナゲキさんであった。


次はどこ行く?
ペルー北部 エクアドル コロンビア ベネズエラ ブラジル パラグアイ
ウルグアイ
アルゼンチン ボリビア(2) ペルー南部 チリ タヒチ メキシコ遺跡

HOME