ベネズエラ  〜ここに来る価値アリ 秘境ギアナ高地を観るべし


カナイマ国立公園

シウダットボリーバルからセスナ機で。下は機内から見た大地。とにかく水だらけの世界。水の作り出すあらゆる風景、湖・川・滝がここにはある。左は、海に滝がそそいでいるような不思議な景色。水には太古の昔から沈んでいる木々の樹液が溶け出して、神秘的なコーラ色に澄んでいる。


エンジェルフォールへ

世界最長(1000m弱)の滝。ビショ濡れになりつつボートで川を溯り、さらに急な山道を1時間ばかり登って、やっとそのお姿を拝めた(セスナでも見れる)。世界一の迫力ある滝ではあるが、その姿はどこか女性的で優美な気がした。


テプイ

すべてが驚きの景色と言えるこのギアナ高地で、一番のお気に入りは、このテプイ。テプイとは、山の上三分の一をスパット取り除いたような妙な形の平頂山(テーブルマウンテン)。エンジェルフォールも、その一頂上から流れ落ちているすぎない。常に裾に霞をまとい、いくつも連なる姿は、神々しくさえある。


アドベンチャーツアー

ハードなツアーだった。川の中を歩いて流されそうになったかと思えば、急な山道をトレッキング。ボートラフティングでは、油断していると枝が顔を直撃、頭からザップリ水をかぶるのは一度や二度ではない。常に服がヌレヌレだった私は、体中ふやけてしまった。でも、世界各地の私が知る限りのアドベンチャーツアーの中でも、これは文句ナシ満足度ナンバーワン。


極楽鳥

この鳥の名は「極楽鳥」というの? 自信ない。カナイマの空港近くのレストランに遊びに来ていた。餌付けくらいはされているのかもしれないが、これは野生。このあと悠々と森へ飛んで帰っていった。こんなカラフルな鳥が本当に空を飛んでいるなんて信じられない。実は私は、子供の頃こんな感じの鳥をテレビコマーシャルで見て以来、これは人間に塗られているんじゃないかと密かに思っていたのだ。でなきゃ美し過ぎるし、目立ち過ぎる。ブラジルの動物園で、この鳥の「青グラデーションバージョン」を見かけた。それもいい。


サンタエレナ

シウダッドボリーバルからバスで11時間(途中「エルドラド」などワクワクするようなコースを通る)。ブラジルとの国境の町。山間ののどかないい感じの村だが、ホテルやレストランなどの物価がヤケに高かった。でも、郵便局のオヤジは、なぜか今までの町とはちがう安い郵便料金を言ってきた。時間はかかったけど、なんとか無事に日本まで届いたみたいだ。


カラカス 表通りの夕暮れ

ベネズエラの首都。地下鉄が通り、高層ビルがひしめく大都会だが、空きビルやヒマでうろついている人が多く、なんだがすさんだ印象を受けた。東京都庁に似たツインビルやその他モロモロの雰囲気から、どうしても「新宿」を思い浮かべてしまう。


次はどこ行く?
ペルー北部 エクアドル コロンビア ブラジル パラグアイ
ウルグアイ
アルゼンチン
ボリビア(1) ボリビア(2) ペルー南部 チリ タヒチ メキシコ遺跡

HOME