Vol.17 【コラム4】 南米大陸完全日焼け防止法

 

 人間、やってできないことはない。この旅行でまさにそう確信した。アマゾン・カリブ海・アンデス高地など、日本とはとても比べものにならないあらゆる日焼けスポットが存在するこの南米大陸において、私は少しも日焼けをしなかったのだ!
 「南米旅行もしたい、でも日本に帰ったらお嫁にも行きたい」という切ない乙女心が「何が何でも日焼けするまじ」というかたくなな決心をさせた。絶対、白い肌でウエディングドレスを着る。もともと色白なのに、この大切な場面で黒いのは、とってもくやしいではないか。この年になって日焼けしてしまったら二、三年は消えないだろう。南米旅行はしたいけど、一生をシミと暮らすのはイヤだ。
 私は思い込んだら、徹底的にやるタイプ。中途半端では、今までの努力が無になってしまう。
 一番大事な顔は、日焼け止め二重下地の上に、ファンデーションを塗りたくる。これじゃ、真っ白能面状態、気味悪いことこの上ないから、元々無いに等しい眉毛をとにかく描いて、あとは口紅。日本で使えず持て余していたド派手な色を、ここぞとばかり塗り付ける。これはナゲキさんも同じ発想らしく、二人で「くちびるだけパーティー仕様」という感じだった。
 真っ白な顔に、描いたといわんばかりの眉、真ピンク・真っ赤の口紅。OL時代よりよっぽども派手である。なにせ私は、昼休みに一応それなりに化粧を直して席についたつもりなのに、先輩から「ニッタさん、お化粧してきたら」と注意されてしまうくらいナチュラルメイク派だったのだから。
 こんなケバいバックパッカー、ちょっと見たことない。バックパッカーの基本形は、スッピンでよく日に焼けていること。そう、テニス選手のようなさわやかな笑顔である。
 でも待てよ。そう言えば、五年前同じくナゲキさんとペルーを周ったとき、クスコで、周囲から異様に浮きまくった二人組を見た記憶がある。彼女たちは、白く塗りたくった顔・濃い口紅、まさに今の私そのものだった。当時、大学を卒業したてのプリリン肌でほとんどスッピンの私たちは、
「なにあれ、どうしたの?」
「ここに何しに来てるんだ?」
「バックパッカーのカザカミにもおけないヤツラだよ」
と、厳しく眉をしかめたものである。
 明らかに、私たちより年上だった彼女たちは、もしかしたら今の私のような理由があったのかもしれない。そうだったら、ごめんなさい。
 さて、日焼け防止法の続きだが、どんなに暑くても長袖・長スボンであることは、基本中の基本。油断ならないのは、首筋・耳の後ろ・手の甲。白くなるほど日焼け止めをすり込むことはもちろんだが、ツバのあるぼうしにバンダナでほうかむり、袖が長めのシャツに手を縮める、で徹底的に防ぐ。バスの窓からの日差しも侮ってはいけない。
 ここまでやって、なおかつ休憩の度にファンデーション・日焼け止めを塗り直せば完璧である。夜は高価なホワイトニングを、けちけちせずたっぷりね(これはかなり勇気が必要)。ビタミンCも飲みましょう。
 実は、カリブ海で極楽の日々を過していたとき、油断からか、一度だけ手の甲(正確に言うと親指の付け根部分)にシミが出て、泣きそうになったことがある。しかし、ダメモトで根気よくハイシーエルを飲み続けていると、そのためかはよく分からないが、一ヵ月ほどしてその茶色い点々は、奇跡のように少しずつ消えていった。
以上のスタイルを貫けば、どんな熱帯の町も、三〇〇〇メートル級の高地も、自信を持って楽しく観光できることうけあい。汗やホコリで黒ずんでいくはずのリュックが、私のだけ、日焼け止め塗りたくり攻撃の犠牲となり、だんだん白っぽくなっていくけれど。
 こんな私が旅行中最も喜びを感じるのは、日本人旅行者から以下の賞賛を得るときである。
「エーッ、六ヵ月も南米旅行してるんですか? 全然見えなーい。だって肌、とても白いじゃないですか。手もきれいだしー」
 くっくっくっ、満足満足。
 
HOMEぐるりん旅行記もくじ前の旅行記