Vol.3 【コロンビア・ボゴタ】
《南米大陸・完全線移動》を決意、それをジャマする「敵」とは

 

 サンアグスティンには驚いた。なんてったって、主な交通手段が車でなくて馬なんだから。村人たちは夕方になると、「じゃあね」と言ってさっそうと馬に乗って家路につく。
 そんな西部劇のスクリーンにトリップしたような村から、一気にサンタフェ・デ・ボゴタというカッコイイ名前のコロンビアの首都にやってきた。車の洪水、テンポの速さ・相手にされなさ…。ここは久々に訪れた目も覚める大都会である。
 道路が立体交差している。サンアグスティンなんか、土埃舞い立つ道が縦に五本・横に四本しかない完璧な二次元世界だった。ここでは、向こうに見える郵便局に行きたいと思っていても、そこへ通じる道は自分たちの真下を交差、このまま歩くと行きたくもないテケンダマという変な名の超高級ホテルにまっしぐらである。
そんなホテルのアーケード街やスポスポと立ち並んだ高層ビルの隙間を歩いていると、ここではヨーロッパというよりアメリカを感じる。ちょっと休憩したくても、目につくのはファーストフードの店ばかり。私たちが、日記を書くため長時間ウダウダ過ごせるような落ち着いた雰囲気のカフェは見当たらない。こういうのはあんまり趣味じゃないんだな。

史上最悪の便秘に、勝利はしたけれど・・・

 ホゴタの初日は土砂降りだった。ビルが高くて視界が暗い。ホテルに極楽鳥やサルがキャッキャしていた南国調のサンアグスティンからくると、ここは寒さが身にしみる。あーあ、この町はすべてが灰色のイメージだ。
 そう思う理由はほかにもある。別にボゴタのせいばかりではない。風邪をこじらせているのだ。原因は、サンアグスティンでの暴走乗馬による疲れと、コロンビアの肉があまりに固いために起こった便秘騒動とにらんでいる。
 いまだかつて経験のない最悪の便秘で、その潜伏期間は一週間ほどだったのだが、とにかく出すのが痛かった。共同トイレを半日占領したすさまじい格闘の後、勝利はしたが、その後の脱力感がすごかった。かつてない感覚。「ああ、出し切ったんだー」という充実感はあるのだが、もう何をするにも力が入らない。お産のあともこんな感じなのだろうか。
 そこで、すっかりガックリきてしまい風邪をひき込んだというわけだ。
 旅行中、最も困ることの一つが病気だろう。特に人といっしょの旅であればなおさらだ。ただでさえ気分が下向きなのに、自分のせいで旅程が狂っていると思うと、ますます情けなくなる。
 たいていの場合、相手に迷惑をかけまいとするがゆえに、少々体調が悪くてもがまんして旅を続ける結果、症状がどんどん悪化するというジレンマに陥る。分かってはいるんだけど、お互いさまなのも重々承知なんだけど、「ナゲキさん、私ちょっと疲れ気味なので、申し訳ないんですけれど、二、三日ここにとどまってくれませんか」とは、決して口に出せないのである。いくら一〇年来の気の合った友達でも、やはり身内に対するのとはちがう。いや、友達だからこそ、張り合う気持ちが邪魔するのだろうか。
 ついには、そんな状態に嫌気がさし、怒りの方向があべこべにナゲキさんにも向かう。ダンキンドーナツでミルクティーを買ってきてもらったり、「もっといいホテルに移ろうか」と、親切にあれこれ気を使ってもらっても、なんか素直になれない私である。

ああ、いい響き、《南米大陸完全線移動》

 さて、ホテルもはずれだったし、いいことのない「暗い寒い灰色のボゴタ」は、とにかく早く出発しよう。
 しかし、ここ以降のルートは、まだよく決まっていなかった。日本で考えたいい加減な計画では、ここから飛行機で同じコロンビア国内のレティシアというアマゾン川上流の町へ行き、川を下ってブラジルヘ入るというものだった。すぐ隣の国ベネズエラを抜かしたのは、日本でビザを取らないといけないからだった。
 しかし、何人かの旅行者から、最近ベネズエラ入国にビザがいらなくなったというかなり信用できそうな話を聞いた。それが事実だとすると、まずここから北上してベネズエラに入る。そして、世界最長(一〇〇〇メートル近く)の滝エンジェルフォールやらエル・ドラド(黄金郷)やら、コナン・ドイルの小説「ロストワールド」の舞台になったテプイ地帯やらと、秘境満載のギアナ高地を南下して、アマゾン川へ出てこられる。
ああ、なんて冒険野郎的ルートなんだろう。南米大陸一周、飛行機を使わず〈線移動〉するのも夢ではない。
 〈線移動〉かぁ、実にいい響きだ。
 よぉーし、北上だ。カリブ海だ。カリブ海で風邪を治すぞ!
 でもその前に一応念のため、ベネズエラ大使館に「日本人は本当にビザが必要ないのか」確認に行くことにした。

ハッタリ対ハッタリ勝負のゆくえ

 ビルの階段を上がっていくと、入口にコロンビア美人の姉さんが机を構え、一人々々の用件を聞いている。
「私たちは今度あなたの国に行きます。私たち
は日本人です。私たちはビザが必要ですか?」     
昨夜から練習したセリフをがんばってしゃべる。
「必要です」
 姉さんの強気な答えは十分予測できた。南米人は間違ったことでも、実に堂々と答えるのだ。だからこちらもおおげさに驚き、うわさに聞いた適当な日付を言ってみる。ハッタリ対ハッタリの勝負だ。
「えーっ、本当ですか? でも日本人は今年の三月二十五日からビザが必要なくなったのですよー」 
 しかし、姉さんはちょっと考えたあと、キッパリと答えた。
「必要です」
(うっ、ヤバっ)
「そんなはずはありません。よく調べて下さい」
こうなったらもうゴネ続けるしかない。いくら美人でも、受付嬢じゃ話にならない。
 ジタバタしていたら、奥のエライ人の部屋に通された。応接セットをはさんだデスクの向こうから、きちんとスーツを着込んで髪をなでつけたエグゼクティブゥといったおじさんが、優しく微笑んでくる。
「セニョリータス、何かお困りかな?」
(よし、なんとか上向いてきたぞ、押せ押せだ)
 おじさんは、私たちの必死の訴えを聞き終わると、ゆっくり電話をかけはじめた。航空会社や友達やその他いろいろのわけのわからないところに。私たちは、期待を込めてじっと待つのみだ。
 が、その結果は非情にも、
「ビザが必要です。しかしビザはここでは取れません。日本でしか取れません。つまり、あなた方はベネズエラに入国できないのです」
「げーっ」
 青ざめた。意気消沈。〈南米大陸・完全線移動〉も、カリブ海リゾートの夢も破れたりー。
 でも、ちょっと待てよ。一国の大使館のエライ人が言っていることにはちがいないが、なんか信用ならない、納得いかない。このエグゼクティブオヤジこそがどうもハッタリ臭いと、ふたり同時に嗅ぎ取ったのである(そう思い込みたかっただけかもしれない)。
 彼があえてウソをついているということはまずないが、「知らないだけ」ということは十分あり得る。あちこち電話したりして芸が細かいんだよ、まったく。
 フーム、よしっ。こうなったらもう、カリブ海に行っちゃって、どうせモメるなら国境でモメようじゃないか! ふたりの意見はすぐ一致した。
 そして、まさにベネズエラまであと一歩という国境で、右往左往することになろうとは、このときはみじんも思わなかったのである。
 
HOMEぐるりん旅行記もくじ前の旅行記次の旅行記