テポストラン教会前


クエルナバカから30分ほどのテポストランという近郊の村で。村の中心の教会前には、いつもメキシコっぽい絵柄の種絵が飾られている。これは、とうもろこし・大豆・ひまわりの種などを敷き詰めて、それぞれの素材の持つナチュラルな色そのままに、模様を描いたもの。その前では、おじさんが、やる気なさそうにカラフルな編みカゴを売っていたが、今は休憩中らしく木陰で居眠り。このカゴの一番大きいので、10ドルくらい。2000.7.24撮影

TOP/HOME