パツクアロの小道


ミチョアカン州、バツクアロ村のバシリカ前の小道。この辺りの村の中心は、正当派コロニアル建築の町並が続く。グアナファトなど他のコロニアル都市のように、バステル調に色付けされていなくて、あくまで白とレンガ色のみのシブイ色調の繰り返し。そのせいか、時代が戻ってしまったような、とても古ぼけた村に見えた。公衆電話もなかなか見つからなかったし。2000.8.14撮影

TOP/HOME