チョルーラの大ピラミッド


プエブラ近郊・チョルーラの大ピラミッド。チョルーラは、アステカ時代には人口10万を超える大都市で、その中心には、テオティワカンの太陽のピラミッドを凌ぐ規模だったろうと推測される大神殿(写真の丘はその跡)があった。スペイン人はここを制服した後、その廃墟の頂上に教会を建ててしまう(写真上の建物)。現在この神殿は、基段部分だけ発掘され、ピラミッド内部を見学できるように地下トンネルが通じている。ガイドを頼んだのはいいが、オジサンの息が臭くて、トンネル出口まで長く感じた。2000.10.29撮影

TOP/HOME