アンティグアの静かな街角


グアテマラの古都アンティグアの町角。世界遺産にも指定される美しいコロニアル都市で、メキシコのサンクリストバル・デ・ラスカサスに出会うまでは、この町が一番好きな町だった。その居心地のよさから、バックパッカーにとっては一息つける長期滞在地としてあまりに有名で、最近はスペイン語学校も50校を超える賑わい。が、一歩裏通りに入ると、しっとりした街並みに、カゴを乗せたオバチャンの姿が静かにはまる。いかにも日常などっしりした風景が、9年ぶりの町にも変わらず存在し続けているのをみて、コレダヨコレ、とうれしくなった。2001.4.4撮影

TOP/HOME