お墓で一晩


11月1〜2日はメキシコの行事で大切な死者の日の祭り。地域によって様々な特色ある祭りが繰り広げられるが、基本は祭壇をきれいに祭り、先祖のお墓参りをする。伝統が強く残る地方ではお墓に一晩寄り添うことも。勤務していたトルーカで、ホストファミリーに夜の墓地へ連れて行ってもらった。たくさんのロウソクで囲まれたお墓はとても幻想的だが、人出が多く、楽団の演奏があったり、甘酒のような温かい飲み物の露天が出ていたりと、ちょっとした縁日、日本で言えば大晦日の神社のような雰囲気。ホストファミリーでは、もはやお墓で一晩というのはないが、ホストブラザーがここで同僚に出くわし、彼が一晩お墓で過ごすときいて「ご苦労なこった」とつぶやいていた。夜は零下にも冷え込みそうなここで、この同僚は一晩徹夜し、翌朝通常通り出勤するという(メキシコで会社によっては連休になりますが)。200.11.1撮影

TOP/HOME